PC用は別頁

■センター試験問題 2次関数
【他の年度の問題は,このテーブルから選択↓】
2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
≪次の解答欄から各々選んでください.≫
【センター試験 2006年度:数学I・A(本試験) 第2問】
 2次関数
y=6x2+11x−10 ……@
について考える.
 @において,y≦0となるxの値の範囲は
≦x≦
である.


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
 @のグラフをx軸方向にay軸方向にbだけ平行移動して得られるグラフをGとする.Gが原点(0, 0)を通るとき,
b=カキa2+クケa+コサ
であり,


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


このときGを表す2次関数は
y=x2−(スセa−ソタ)x ……A
である.


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
 x=−2x=3に対応する2次関数Aの値が等しくなるのは
a=
のときである.


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
このとき,2次関数Aの−2≦x≦3における
最小値は,最大値はネノ
である.



± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9


± 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

【他の年度の問題は,このテーブルから選択↓】
2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012

...(携帯版)メニューに戻る

...(PC版)メニューに戻る