■2乗,3乗の符号 携帯版は→こちら
※画面表示用の文字サイズは「小」に合わせてあります.
.
【要点】

1.
(1) 正の数を何回かけても符号は正になる.
(2) 負の数を偶数回かけると符号は正になり,
   負の数を奇数回かけると符号は負になる.

2.
 233 の部分を「指数」という.
(1) 指数による計算は,「符号を付けること」や「かけ算」などよりも優先して行う.
(2) 指数よりも先に計算するときは「かっこ」を付ける.

3.
1.(2)から
 (負の数)偶数 は正の数になる.(負の数)奇数 は負の数になる.

1.
正の数は何回かけても正 負の数は奇数回かけると負
2×2=4
2×2×2=8
2×2×2×2=16
2×2×2×2×2=32
(− 2)×(− 2)=4
(− 2)×(− 2)×(− 2)= − 8
(− 2)×(− 2)×(− 2)×(− 2)=16
(−2)×(−2)×(−2)×(−2)×(−2)=−32
2.
3×22=3×4=12
− 22= − 4
− (2×2)3= − 43= − 64
(− 22)×(− 2)2=(− 4)×4= − 16
3.
(− 2)2=4
(− 2)3= − 8
(− 2)4=16
(− 2)5= − 32
(− 2)6=64
(− 2)7= − 128

問題 次の計算をしなさい.(答は解答欄から選びなさい.)
[ルール]
(1) START (2回目からはNEXT)を押すと,1問表示されタイマーが動き始めます.(分からないときはHELPを押す.)
(2) 正解したときに残っている「パン」の数が得点です.
(3) 全部で10問あり,満点で10点×10=100点です.
[第 問/全10問中]
※ 「魚」がジャンプする速さを調整するには,
上のスケールで好みの目盛をクリック.
(ドラッグではない.)
[問題欄]
START _________
 HELP

[解答欄]

[?]
...メニューに戻る