※中学1年生向けの「四則計算」について,このサイトには次の教材があります.
この頁へGoogleやYAHOO ! などの検索から直接来てしまったので前後関係がよく分からないという場合は,他の頁を先に見てください.  が現在地です.
...(携帯版)メニューに戻る...(PC版)メニューに戻る
四則計算の弱点克服 積商と引き算
和差積の混じった計算 和差商の混じった計算
和差積商の混じった計算 四則計算の試験問題
2乗と3乗の符号 2乗と3乗の試験問題

== 2乗,3乗の符号 ==

【要点】

1.
(1) 正の数を何回かけても符号は正になる.
(2) 負の数を偶数回かけると符号は正になり,
   負の数を奇数回かけると符号は負になる.

2.
 233 の部分を「指数」という.
(1) 指数による計算は,「符号を付けること」や「かけ算」などよりも優先して行う.
(2) 指数よりも先に計算するときは「かっこ」を付ける.

3.
1.(2)から
 (負の数)偶数 は正の数になる.(負の数)奇数 は負の数になる.

1.
正の数は何回かけても正 負の数は奇数回かけると負
2×2=4
2×2×2=8
2×2×2×2=16
2×2×2×2×2=32
(−2)×(−2)=4
(−2)×(−2)×(−2)= − 8
(−2)×(−2)×(−2)×(−2)=16
(−2)×(−2)×(−2)×(−2)×(−2)= − 32
2.
3×22=3×4=12
− 22= − 4
− (2×2)3= − 43= − 64
(−22)×(−2)2=(− 4)×4= − 16
3.
(− 2)2=4
(− 2)3= − 8
(− 2)4=16
(− 2)5= − 32
(− 2)6=64
(− 2)7= − 128

問題 次の計算をしなさい.(答は解答欄から選びなさい.)
START (2回目からはNEXT)を押すと1問表示されます.(分からないときはHELPを押す.)
全部で10問あります.
○全問正解すれば金魚がささやかなショーを行います.
[第 問/全10問中]
[問題欄]
START _________
[解答欄]

 HELP
[?]

...(携帯版)メニューに戻る

...メニューに戻る