→ 携帯版は別頁→ 印刷用PDF版は別頁
《要約》
 「円に内接する四角形の向かい合う1組の角の和は 180°」です.

 これを使えば,右図のような図形において
で示した角について
向かい合う1組の角の和は 180°だから a+c=180°
直線だから c+f=180°
ゆえに  a=f  が成り立ちます.
で示した角について
向かい合う1組の角の和は180°だから b+d=180°
直線だから d+e=180°
ゆえに b=e が成り立ちます.

円に内接する四角形
(1)
円外の点Pを通る2直線が円と交わる点を各々A,B及びC,Dとするとき,次のうち正しいものはどれか.(正しいものをクリック)

1 ACとBDはつねに平行になる.
2 ACとBDは決して平行にならない.
3 ACとBDは平行な場合も平行でない場合もある.
4 [ Help ]
(2) 2円が2点P,Qで交わるとき,P,Qを通る直線が2円と交わる点を各々A,B及びC,Dとするとき,次のうち正しいものはどれか.

1 ACとBDはつねに平行になる.
2 ACとBDは決して平行にならない.
3 ACとBDは平行な場合も平行でない場合もある.
4 [ Help ]
(3) 2つの円が点Pで外接しているとき,Pを通る2直線が円と交わる点を各々A,B及びC,Dとすると,次のうち正しいものはどれか.

1 ACとBDはつねに平行になる.
2 ACとBDは決して平行にならない.
3 ACとBDは平行な場合も平行でない場合もある.
4 [ Help ]
(4) 点A,B,C,Dは1つの円周上に右回りにならんでいるものとする.孤ABと孤CDの長さが等しいとき,次のうち正しいものはどれか.

1 ADとBCはつねに平行になる.
2 ADとBCは決して平行にならない.
3 ADとBCは平行な場合も平行でない場合もある.
4 [ Help ]
←メニューに戻る