↑メニューに戻る
等式の性質

  次の表は,等式の性質をまとめたものです.
(A)等式の両辺に同じ数を足して 
  も等式が成り立つ. 
 A=B ならば +C=B+C
 
 x−5=8ならば(両辺に5を足すと) 
 x−5+5=8+5 
 この結果 x=13 となります. 
(B)等式の両辺から同じ数を引い 
  ても等式が成り立つ. 
 A=B ならば −C=B−C
 
 x+5=8ならば(両辺から5を引くと) 
 x+5−5=8−5 
 この結果 x=3 となります.
(C)等式の両辺に同じ数をかけて 
  も等式が成り立つ. 
 A=B ならば ×C=B×C
 
 0.1x=8ならば(両辺に10をかけると) 
 0.1x×10=8×10 
 1x=80 
 この結果 x=80 となります.
(D)等式の両辺を同じ数で割っても 
  等式が成り立つ. 
 A=B ならば ÷C=B÷C
 
 5x=30ならば(両辺を5で割って) 
 5x÷5=30÷5 
 1x=6 
 この結果 x=6 となります.

 例にならって,次の各々の変形が上のどの変形に当たるか答えなさい.
(ここで,両辺から1を引くことは両辺に−1を足すことと同じで,両辺を2で割ることは両辺に0.5をかけることと同じですが,この問題では,1よりも大きい数字を使って,足す,引く,かける,割るを考えることとします.)

2x+1=5
    両辺から1を引いた
2x=4
    両辺を2で割った
x=2
(1)
  x−8=11
 両辺に対する変形(マウスで選びなさい)
    
x=19
(2)
  3x=12
 両辺に対する変形(マウスで選びなさい)
    
x=4
(3)
  2x+6=18
 両辺に対する変形(マウスで選びなさい)
2x=12

x=6
(4)
  6x+2=4x−8
 両辺に対する変形(マウスで選びなさい)
2x+2=−8

2x=−10

x=−5
(5)
  4x−4=10−3x
 両辺に対する変形(マウスで選びなさい)
7x−4=10

7x=14

x=2

.