■小数を分数に直す練習(中学準備)


《解説》
○ 小数点以下の数が1つある小数
小数の0.1を分数で表すと、と書けます。
小数の0.20.1が2つあると考えると、と書けます。
小数の0.30.1が3つあると考えると、と書けます。
(もっと複雑な小数でも、次のように分数に直すことができます )
小数の1.30.1が13個あると考えると、と書けます。
(この例は仮分数の形で書きましたが、帯分数を使って1と書く書き方もあります。ただし、中学校・高校の数学では仮分数の方がよく使われるようです。)

○ 約分できる分数は、約分して答えます
 できた分数は約分(分母と分子を同じ整数で割って簡単にすること)できることがあります。約分できる分数は、約分して答えるようにします。
=
○ 小数点以下の数が2つある小数
小数の0.01を分数で表すと、と書けます。
小数の0.020.01が2つあると考えると、と書けます。
小数の0.030.01が3つあると考えると、と書けます。
(もっと複雑な小数でも、次のように分数に直すことができます )
小数の0.170.01が17個あると考えると、と書けます。
小数の1.030.01が103個あると考えると、と書けます。
※ 小数第3位,小数第4位,… まである小数についても、同様にして

などと書くことができます。
○ 約分できる分数は、約分して答えます
=
《問題》 次の小数を分数で表してください。(右の選択肢のうちで正しいものを選んでください。約分できるものは、約分して答えてください。)


.