■ 一般角の定義 → 携帯版
■ 解説
 小学校以来,右図のように,角度は分度器を用いて測り,0°〜360°までとしてきた.
 さらに進んだ数学を学ぶためには,負の角や360°よりも大きい角度まで角度の範囲を広げて考える.このように意味を広げて拡張した角度を一般角という.
 一般角は,x軸の正の向きOXを始線(0°)として,動径OP(動く半径という意味)を回転させて考え,「反時計回り」を正の向き,「時計回り」を負の向きと決める.


 このように,一般角は動径を用いて表わす.
■ 問題 次の角度を表わす動径を右図から選びなさい.[第1問 / 全12問]

 
 
 
 
 
←メニューに戻る