→ 携帯版
《2次不等式》・・・2次関数のグラフがx軸と1点で接する場合
解説
《要約》
y=ax+bx+cとx軸がx=αで接するとき,グラフを見れば各々の2次不等式の解は次のようになることが分かります.
<問題の形>         <答の形>
ax+bx+c<0(a>0) → 解なし
0以上のものしかないときに、負のものを探してもない
♪〜 「ないものねだり」の子守唄
ax+bx+c>0(a>0) → x<α,α<x 
(省略的に「x≠α」と書くこともある)
ax+bx+c≦0(a>0) → x=α
(ax+bx+c≦0とは,「負でもよい」「0でもよい」ということ.
ところで
「負のところ」→ない,「0のところ」→1つだけある:x=α
だから
x=αだけが解)
ax+bx+c≧0(a>0) → xはすべての数
0以上のものばかりのときに、0以上のものを探せば
♪〜 「全員合格」

問題 グラフを参考にして,2次不等式の解を選びなさい.
(右から正しい選択肢をクリック)

(1)
2次不等式 x2−6x+9>0の解は





(2)
2次不等式 x2+4x+4<0の解は





(3)
2次不等式 x2−2x+1≦0の解は





(4)
2次不等式 2x2+4x+2≧0の解は





(5)
2次不等式 4x2−4x+1<0の解は





(6)
2次不等式 9x2+12x+4>0の解は





(7)
2次不等式 2x2+12x+18≧0の解は





(8)
2次不等式 5x2+10x+5≦0の解は





←メニューに戻る