■2点を結んで表されたベクトル(有向線分)の演算→ 携帯版は別頁

== 2点を結ぶベクトル(有向線分)の演算 ==

○ベクトルの和の定義から、次の図(1)のように
が成り立ちます。
(1)

○この関係は、A,B,Cの実際の図形によらず成り立ちますので、右の図(2)の場合でも、全く同じになります。
(2)
○図(3)のように、3つのベクトルについても同様の関係が成り立ちます。
(3)
○なお、 のように、終点と始点が同じになればで表します。(零ベクトルといいます。)
[要点]
2点を結んで表されたベクトルでは、「しりとり」で中間省略できる。

【例題】
 次の式を簡単にしなさい。
(答案)

[変形のルール]
1  など-のものは逆ベクトルで+に直す
2 「しりとり」で、中間省略できる。
【問題】
 次の各式に等しいものを右から選びなさい。
○はじめに左の問題を選び、次に対応する答を右から選びなさい。合っていれば消えます。
○間違った場合は,答の側を連打するのではなく,問題を選び直すことから始めてください.
○間違った場合は,HELPを読む場合でも読まない場合でも,問題を選べば解答を再開できます.
○右側にはジョーカが2枚あります。---暗算では無理ですので、計算用紙を使いましょう。













●==メニューに戻る