→ 携帯版は別頁
== 2次関数のグラフと直線(文字係数) ==
※このページは,2次不等式を学んでからすること
採点結果の
絵の意味
正解,不正解

※解答入力は「半角数字」でなければなりません
1
 放物線と直線のグラフが接するとき定数の値は

[ア]=,[イ]=,[ウ]=

2
 放物線軸と相異なる2点で交わるような定数の値の範囲は,<[ア],>[イ]

[ア]=,[イ]=


3
 放物線が直線と共有点を持たないような定数の値の範囲は,<[ア]
[ア]=


 放物線軸が接するとき定数の値は

[ア]=,[イ]=,[ウ]=



 放物線が直線と相異なる2点で交わるような定数の値の範囲は

[ア]=,[イ]=


 放物線のグラフが軸と共有点を持つような定数の値の範囲は≦[ア]

[ア]=



 が実数のどのような値に対しても,つねにより大きくなるような定数の値の範囲は,
[ア]<<[イ]

[ア]=,[イ]=


 放物線がどんなの値に対しても直線の上側にあるような定数の値の範囲は,[ア]<<[イ]

[ア]=,[イ]=



 どんなの値についても,つねにとなるような定数の値の範囲は,>[ア]
[ア]=

10
不等式も解を持つような定数の値の範囲は,[ア]<<[イ]

[ア]=,[イ]=

←メニューに戻る