→ 携帯版は別頁
【公式】
x2+(a+b)x+ab=(x+a)(x+b)
◎積がabとなる数字を先に考えて,その中から和がa+bとなる組を探すのがポイント
(逆にすると,理論上は無限通りの組合せがあって絞りきれなくなります)
【例】
x2+5x+6を因数分解するには
積が6となる数字(1,6),(2,3),(−1,−6),(−2,−3)を先に考えます…[順序を逆にしたものは組としては同じなので2回も数えない]
その中から和が5となるのは23の組だから
x2+5x+6=(x+2)(x+3)とします.
※もしも,和が5となる数字を先に考えると,(0,5),(1,4),(2,3)だけでは終わらず(−1,6),(−2,7),(−3,8),...のように組合せは限りなくあることになり,絞りきれません.

【問題】
次の空欄に正の整数を埋めなさい.
(1)
x2+8x+12=(x+)(x+)



(2)
x2+x−12=(x+)(x−)




(3)
x2−6x+8=(x−)(x−)



(4)
x2+5x+4=(x+)(x+)




(5)
x2−3x−10=(x+)(x−)



(6)
x2−7x+12=(x−)(x−)




(7)
x2−x−56=(x+)(x−)



(8)
x2−9x+20=(x−)(x−)




(9)
x2+13x+12=(x+)(x+)



(10)
x2+10x+21=(x+)(x+)



メニューに戻る