2乗と3乗(2) 携帯版は→こちら
...メニューに戻る
.

《解説》

  優先順位 計算例  (× よくある間違い○ 正しい計算
( ) かっこ 「かっこ」があれば1つの数として扱う × (−6)2=−6×6= −36
(−6)2=(−6)×(−6)=36

× −62=(−6)×(−6)=36
62=−6×6=−36
(−3)3=(−3)×(−3)×(−3)=−27
33=−3×3×3=−27
2乗,3乗 2乗,3乗を先に計算し,符号やかけ算などは後で考える × −(−5)2=52=25
(−5)2=−(−5)×(−5)=−25
(−1)3=−(−1)×(−1)×(−1)
=−(−1)=1

13=−1

後にある2乗,3乗の計算をしてから,前の符号を後で付けること.

前から順にスラスラと符号と数字を書くと間違いやすい.
《問題》

 左の式に等しいものを右から選びなさい.
(ルール:左の式を一つクリックし,続けて「右側で等しいもの」をクリックすると消えます.間違えば消えません.)



















...メニューに戻る