多項式・有理関数・無理関数の不定積分No.1携帯版
 


■《基本公式》
(解説)ア

 xαを微分すると次数が1次下がります.1次(x1)の微分は0次(定数項)です.
 しかし,0次(定数項)の微分だけは0次なので,
微分して−1次となるものが多項式や有理関数の中にはありません.

 ここで,微分してx-1となる場所を埋めているのが,対数関数 log|x|です.

■《基本性質》



基本公式と基本性質だけで解ける問題
《例》

《問題》 次の不定積分に等しいものを右の欄から選びなさい.

 

 



[第1問 / 全10問]


←メニューに戻る