■定積分 → 携帯版は別頁
○ 右図1の面積Sのような曲線で囲まれた図形の面積を直接求めるのは難しい。
 そこで,面積Sを直接求める代わりにSの微分から求めることを考える。(微分が分かれば元の関数は不定積分で求まる。)

○ 右図2のように区間の左端をaに固定しておき、右端の座標をxとすると,囲まれる図形はxの関数 S(x)となる。最終的に求めるものはS(b)
○ 面積S(x)の微分は,xの増分Δxに対するSの増分ΔSの極限:Δx→0で定義される。
○ 関数y=f(x)が増加関数の場合,右のように増分ΔSの大きさは,小さな長方形と大きな長方形の間にあるから
f(x)Δx<ΔS<f(x+Δx)Δx
ゆえに

(この結果はf(x)が増加関数でなくても成り立つ)
以上より S’(x)=f(x) となるから S(x) =∫f(x)dx
f(x)の1つの原始関数をF(x)とおくと, S(x) = F(x) +C ・・・(1)
ここでS(a) = 0 だから S(a)= F(a) + C = 0 , C = - F(a) ・・・(2)
(1)(2)より, S(x) = F(x) - F(a), 求める面積は S = S(b) = F(b) - F(a)
【備考】 ※ここでは面積を求めることを導入の話題として定積分の定義を紹介した。実際には,定積分が面積を表わすのは,y=f(x)のグラフがx軸よりも上にある場合で,x軸よりも下の箇所があれば符号が変わる。このような面積の計算は別途取り扱う。
※初めて学ぶ人向けの注意※

■ そのまま代入して引くのでなく,(1つの)原始関数(不定積分のCを取ったもの)に代入して引くこと。
  
■  F() - F() の引く順序を間違わないこと。

■ 不定積分に登場する定数Cは定積分では不要:
 (F(b) +C) - (F(a) + C) としても,引くと消えるので F(b) -F(a) となり同じこと。Cがない方がよい。

■ 不定積分については,次の公式を使う。

【例1】
(答案)
(1) まず,1つの原始関数を求めます(C=0の形でよい)
⇒ この問題では
(2) 次に,その原始関数に上端の値,下端の値を代入して引きます.

【例2】
(答案)
(1) まず,1つの原始関数を求めます(C=0の形でよい)
⇒ この問題では
(2) 次に,その原始関数に上端の値,下端の値を代入して引きます.

【例3】
(答案)
(1) まず,1つの原始関数を求めます(C=0の形でよい)
⇒ この問題では
(2) 次に,その原始関数に上端の値,下端の値を代入して引きます.


※定積分は,面積に対応していることが多いが,x軸との上下関係を考慮せずに単純に計算した場合,負の値になることもある.
 この頁では,「定積分は計算式」として扱い,負の値になっても気にしないことにする.
【例4】
(答案)
(1) まず,1つの原始関数を求めます(C=0の形でよい)
⇒ この問題では
(2) 次に,その原始関数に上端の値,下端の値を代入して引きます.



■ 問題
次の各問題においてに入るものを右の選択肢から選びなさい。
(初めにいずれかのとその選択肢を選び,次にとその選択肢を選びなさい。)
 問題 [ア]の選択肢 [イ]の選択肢
=    
=   
=   
=   
=   
=   
=   
=   






























○==メニューに戻る