PC用は別頁

【解説】

 √の中が同じ数字のものの和や差は,文字式の計算と同じように係数をまとめることができます.
がミカン1個を表すものとすると
+3=4
x+3x=4x
と同様にして
+3=4
とします.
がリンゴ1個を表すものとすると
−2=5
7a−2a=5a
と同様にして
7−2=5
とします.

 √の中が「同じにならないもの」の和や差は,それ以上簡単になりません.
  例 √3+3√5 はこれ以上簡単になりません.
(これは,a+3bや+3が簡単にならないのと同様です.)
特に,√5−1 などを√4にしないように気を付けましょう.

注意:見かけが同じでなくても,変形の結果√の中が同じになるものは簡単になります.例えば√8+√2は2√2+√2で3√2になります.
【気をつけよう甘い誘惑=破滅の道】
- 1 ←×→−1は,これ以上簡単にならない)
−1 ←×→−1は,これ以上簡単にならない)
−1 ←×→−1は,これ以上簡単にならない)


【問題】
 次の数を変形して,なるべく簡単にすると右のうちどの値になりますか.下の選択肢から選びなさい.
(√がない形にするか,または,√の中をなるべく簡単な整数にしなさい.)
次の問題を出す

2 3 4 5 6 7 8 9














...(携帯版)メニューに戻る

...メニューに戻る