二次方程式の解の公式

【解説】 (問題は下にあります.)
【考え方】
x2=a の解は x = ± です. (中学校では,a0 以上とします.)
 その応用として,(x+b)2=a …(1) を
 x+b=± と変形すると,
 解 x= - b± が求まります.

===> どんな2次方程式でも(1)の形に変形できるので,どんな2次方程式でも解けます.
(ただし,実際に解くときは1つずつ(1)の形にするのでなく,この結果をまとめたもの:「解の公式」↓を使います.)
【二次方程式の解の公式】
 2次方程式 ax2+bx+c=0 ( a0 )の解は
.x=
です.(これを使えばどんな2次方程式でも解けます.)
ただし,中学校では根号(√)の中には,0以上の数が入る問題だけを扱います.
 2x2+5x+1=0 を解くには a=2 , b=5 , c=1 を解の公式に代入します.

.x = =
解を求めるプログラム
○ 教科書や授業でよく使われる形
 ↓正負の整数を入力して[解を求める]
()x2+()x+()=0  [ 解を求める ] [消去]
○ 高校以上の理科などでよく使われる形
 ↓小数を入力して[解を求める]・・・近似値で表示
()x2+()x+()=0 [ 解を求める ] [消去]

【問題】
次の2次方程式の解を右の表から探しなさい.
[第1問 / 全8問]

.