[須津峠石畳旧山道歩きに参加しました]

絵図をクリックするとスライドショーの始まり。最初大黒山展望台に登り竹やぶの遊歩道を歩いてから須津峠に入ります。
今回は峠の途中で文殊の方向に降りて行くコースを取りました。右をクリックするとの地図が拡大され歩いた道を赤く示しています。



この絵図は貝原益軒の「丹後国天橋立之図」(享保11=1726年刊)原図は834.4センチ×30センチ

国立公文書館デジタルアーカイブでも公開されています。←リンク

須津峠石畳旧山道歩きのスライドショーは下記のアドビーフラッシュプレーヤーをインストールして見てください。