京都タワー   
 
いよいよ今日から九月。例年ならまだ残暑厳しい時期だが、今年はお盆の時でさえちょっと涼しげな感じだった。もう朝夕はひんやりした風に初秋を感じるし、見上げる空も青空に秋の雲。こんなにも過ごしやすかった京都の夏はちょっと近年記憶がない。野菜などに早くも悪い影響が出ているとの事。今年はどんな紅葉を迎えるのか、思いが巡る。この時期、季節の花はあまりなく、被写体も少ない。もう少ししたら秋の花々が咲き出すだろう。

京都駅の正面のシンボルは京都タワー。海の無い京都の街を照らす灯台のイメージで1964年に作られた。131mの高さを持ち最上階の展望台は100m。360°京都を見渡せ、東山の稜線や西山の夕日、綺麗な街の全体を見ることが出来る。





西山の夕景




まっすぐ北に烏丸通り、左に東本願寺






東山連峰を望む、真ん中中腹に清水寺