下鴨神社 (糺の森・ただすのもり) の紅葉  2014/12/3

「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されている京都「下鴨神社」は京都で最も古い神社とも言われる。その境内に ある広大な原生林「糺の森」は、京都では最も遅い12月まで紅葉が楽しめる場所です。 きれいに色づいた糺の森の参道は、癒されるパワースポットです。

秋の下鴨神社は紅葉がとてもきれいで境内にある東京ドーム3個分以上の広さの原生林「糺の森(ただすのもり)」には、モミジが真っ赤に色づきます。紅葉の時期には「糺の森」の参道全体が色鮮やかに染まるので、とても美しい光景が広がり、地元の人や観光客から人気になっています。