2013 9月19日(木)  更新

京都は今・・  中秋の名月 大覚寺

近年にない見事な満月です。平安の時代からこのような優雅な勧月があったのですね

今日は中秋の名月。珍しく晴れ渡った夕空に大きな夕月が登り、だんだんと明るくなる満月が輝きました。初めて大覚寺に名月の撮影に行きました。大勢の人たちが平安の絵巻を楽しんでいました。

嵯峨天皇が大沢池にて、中秋の名月に舟を浮かべ、文化人・貴族の方々と遊ばれたことから始まった「観月の夕べ」。空を見上げれば煌々と、目を落とせば静かな水面に映る月。この2つの月が見られる稀有な時間。満月法会が行われ、月を望む場所に設けられた祭壇に供物を供え、農作物の豊作と人々の幸せを祈願する。観月の夕べの期間中は、様々な催し物が行われるほか、大沢池にうかべられた龍頭舟、鷁首舟の遊覧を楽しむことができる。
また、五社明神と宝塔前の広場にはいろいろな夜店も出店し、夜半まで賑わう。平安の王朝絵巻さながらに催される優雅なひとときでした

東の方に大きな満月が輝き始めました

あたりは真っ暗になり中秋の名月が池にも輝いていました。何という優雅さ。
真っ暗な中での撮影ですが、船などが見えるよう工夫して撮りました

龍頭船が月が見えたと同時に動き始めました

心経宝塔の前で名月を待つ多くの人たち

 

今年は捉えました。この満月