曼殊院 (まんしゅいん)

木漏れ日の参道の先には、青もみじのアーチに抱かれた石段と勅使門。あたり一面を覆う楓の青葉に、緑の苔と白い築地塀が一層の清涼を加えます。境内の枯山水庭園は、門跡寺院らしい宮廷風の雅やかな造作。例年5月初旬に開花する大書院前のツツジを楽しみに拝観する方も多く、とりわけ鮮やかな赤のキリシマツツジが人気です。