2011/5/9

京都は今・・新緑に爽やかな風 大徳寺・高桐院

庭園にはたった一つこの石灯籠があるだけ。簡素で何かを考えさす庭園の妙

連休も終わり京都は風薫る爽やかな五月に入っています。あちこちの新緑・青モミジはまばゆいばかりに美しいです。京都は秋の紅葉が素敵ですが初夏の新緑はそれ以上に爽やかで味わい深い風景を作っています。暑い夏になるまでの僅かな季節の谷間は気持ちの良い風と共に癒しの香りを運んでくれます。

今回は大徳寺の中にある静かなお寺、高桐院の小さな庭園を紹介しましょう。この庭園は、江戸時代初期に造園され、初夏には美しい緑に包まれます。この庭には、石も白砂も池もなく、石燈篭が一つあるだけで、あとは大小多くの楓の木と水気を含んだ苔があるだけです。静かなこの庭園を眺めていると、そこは本当に別世界です。開門と同時に朝早く訪問したので誰もいない静かな世界を独り占めでした。

TOP

何でもないこの風景 あなたは何が見え 何を感じますか・
誰もがいろんな気持ちでこの景色を見てきたに違いない
赤い毛氈と若葉の緑 美しい対面に心が揺らぐ
客殿に入り庭に足を運ぶと、そこにはまるで額縁を並べたような美の世界が迎えてくれる。驚きの一瞬でもある

参道は自然石の敷石道で春夏の青葉・秋の紅葉を天蓋に頂く。一直線の参道は幽玄の気に満ちている。

1/10 雪の仁和寺

             

1/1 雪の金閣寺

       

 

1/10 雪の仁和寺

             

1/1 雪の金閣寺