真如の庭は、方丈南側の崖をツツジの刈り込みで覆い、その向こう側は一段低くなって楓の樹木で覆われています。一面に美しい苔
に覆われていて、その中におかれた庭石が、さりげなく7・5・3調に配置されています。静かに座って見ている時間は至福の時

2011/9/

京都は今・・  台風一過 妙心寺・桂春院の庭園

46の内、年中公開のお寺は4ヶ所。その一つ桂春院。 台風通過後の雨上がり しっとりと濡れた緑は彩りを増していました

境内に46の塔頭を持つ妙心寺の広い境内は台風後でひっそり。日頃は市民の散歩道です
台風12号が四国・中国地方を直撃。多くの被害を残しているようで心配です。京都は雨も風も予報ほどではありませんでしたが蒸し暑く、どんよりした空でまだ雨が降っています。やっと9月に入り、これで涼しくなって初秋に入って行く事でしょう。小雨の隙間をぬって妙心時・桂春院へ。今朝は流石に散歩する人もなく静かな境内でした。

江戸初期創建の妙心寺の塔頭で、ツツジの大刈込が美しい南庭と苔が見事な東庭など、創建時の枯山水庭園(史跡・名勝)があります。三畳台目で草庵風の茶室既白庵[きはくあん]は近江長浜城から移築されたもので歴史を感じます。静かな庭園は訪れた人の心を落ち着かせてくれます。
敷石の模様、配置。苔の緑と庭石。白壁と紅葉。参道にも作庭者の深い思いが感じられます。静かな休日の朝