2011/5/20

京都は今・・新緑に爽やかな風 新緑の源光庵庭園

新緑の綺麗な所は結局、秋に紅葉が綺麗な所となる。鷹峯の一角にある源光庵の庭園は私も大好きな庭園の一つです。狭い所なので遅くはいると人でごったがやし良い写真も撮れないし、何よりも静かに庭園と向かいあえない。今回も開門と同時に入れて貰った。源光庵は1364年に大徳寺の徹翁が隠居所として創建されたもの。北山を借景とした枯山水庭園で、紅葉時期にはごった返すが新緑時はゆっくりと座してその静かな庭園を拝見できます。この時期少しサツキも咲き始めていました。庭の隅には珍しい黄色いレンゲツツジが満開でした。

源光庵で有名なのが 悟りの窓 と 迷いの窓。円は大宇宙、悟りとし、禅と円通の心を、四角は人間の生涯、迷いとし生老病死四苦八苦を表しています。いつもは人が多くて写真に納めにくい所です。  

この庭園が11月には紅葉で染まります。

秋の源光庵

対照的な二つの窓が 現代ではちょっとアートな雰囲気

珍しいいろのツツジがっさいていました。レンゲツツジと言うそうです。

迷いの窓

TOP

悟りの窓

1/10 雪の仁和寺

             

1/1 雪の金閣寺

       

 

1/10 雪の仁和寺

             

1/1 雪の金閣寺