2011/8/16

京の夜空を彩る夏の風物詩五山の送り火
京都人にとって8月16日の五山の送り火は特別な行事です。夏の夜空をいろどる大文字五山送り火。 祇園祭とともに京都の夏を代表する風物詩の一つです。 この送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られ、それゆえ送り火の代名詞のごとくいわれているが、そのほかに金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があり、これらが、同夜相前後して点火され、これを大文字五山送り火とよんでいます。 大文字に代表される送り火の起源についてそれぞれ俗説はあるものの不思議と確実なことはわかっていない。  まず、送り火そのものは、ふたたび冥府にかえる精霊を送るという意味をもつ宗教的行事であるが、これが一般庶民も含めた年中行事として定着するようになるのは室町から江戸時代以後のことであるといわれています。

五山の送り火は精霊をを送るというお盆の大きな行事ですが、夏の終わりを告げるこの送り火をそれぞれの人が色んな思いで自分を振り返るのです。嬉しい気持ちで見た大文字、寂しかった大文字。。そんな物語が寂しく消えゆく送り火の元で生まれているのです。大文字を撮影するのはとても難しく、何時も良い写真が撮れません。点火されると煙が上がり、一気に燃え上がります。わずか15分くらいで静かに消えていきます。
この行事が済めば、どんなに暑い夏でも確実に小さな秋に向かいます。写真はあまり気に入っていませんが、京都に住んでおられない方々のために、雰囲気だけでもお送りしましょう。

 

 

準備に追われる人達はこの時間(3時)とても忙しそうです。以前は土をうがち、その中に薪を井桁に組んで積み上げ、
その間に松葉を入れていましたが、現在では、自然の山の斜面に若干土を盛り、大谷石を設置しています。
「大」の中心は金尾と称して特別おおきな割木がくまれています。

火床数:75基 薪数:600束 松葉:100束 麦わら:100束  

左大文字 16日 午後3時 準備の人達が小さく見える 上の点灯した写真は8時20分 

左大文字 金閣寺近く

東山 右大文字 もっとも有名で字の形が綺麗

京都は今・・  五山の送り火