なかなか見られないスポット
京都の紅葉 苔寺(西芳寺)世界遺産

「西芳寺」が正式の名称であるが、一般には「苔寺」といわれており下段の字池を中心とし、四つの島で形成されている池泉廻遊式の庭園と、上段の枯山水の庭園の二つに分かれています。通路以外は苔が辺り一面覆っており、緑の毛氈を敷き詰めた感じです。参拝者はその苔を見に来ます。苔の生育に適した日陰と湿度の為か庭園は薄暗く、独特の雰囲気です。緑の合間に紅葉した木々が見事な風景を作り上げています。拝観はハガキによる予約制でかなり前もって申し込みます。拝観料3千円は少し高いです。


本堂から庭園入り口を望む


うっそうとした木々の中、光も薄く苔がいっぱい。正に苔寺の庭です。


苔、苔、苔 まるで苔のじゅうたん








古い船をバックに真っ赤な紅葉が光を受けていました。赤ん坊の手のひらの様でした。

嵐山  大覚寺 大沢の池 永観堂 厭離庵 円通寺 源光庵 銀閣寺 金閣寺 京都御苑 平野屋
宝厳院 寂光院 神護寺 実相院 常寂光寺 高台寺 光悦寺 高桐院 曼殊院 南禅寺 天授庵
仁和寺 龍安寺 西明寺 三千院 真如堂 詩仙堂 しょうざん 等持院
 
苔寺 天龍寺 大河内山荘
東福寺